Stone Paper

Stone Paperとは?

Stone Paperは、石を粉砕した粉と少量の樹脂を原料とした、パルプと同等の機能を持つ、繊維のない新しい紙です。 Stone Paperは、樹木は一切伐採せず、水も使わず、廃棄物、排気ガスも出さずに、作ることができます。

Stone Paperのできるまで

Stone Paperは、石の粉(CaCO3)に樹脂(PEやPP)と添加剤を加えて作ります。
木を原料としたパルプ、チップを使いません。そのため製造工程に水を使用せず、工業廃水を出さないのが特徴です。
また紙にコーティングを施すことで、みなさまの用途に合わせた紙を作ることが可能です。

パルプ紙とStone Paper の製造工程の違い

パルプ紙とStone Paper の製造工程の違い

page top